我が家のあゆみ

ちょっと昔のことを語っても良いですか~妻缶編~

妻缶
妻缶
はじめまして。妻缶@SanmacanTです。

自己紹介的な妻缶ヒストリーです。

生まれも育ちも東京で育った箱入り娘(ちがうか)の私が、成長して現在に至るまでのお話です。

Sponsored Links
スポンサーリンク

一番初めの子として生まれ、ちやほやされて育つ

私は、長女として生まれ、まだいとこもいない状態だったので、大人の中でちやほやされて育ちました。

なので自尊心は人一倍高く、常に自分は無敵だと思っていました

3歳下の妹が生まれた時も、父が常にそばにいたので、寂しい思いをすることなく、のびのびと育ちました。

いま思えば少し過保護な両親だったと思います。

初めての幼稚園では登園拒否をし、かわりに塾へ通っていました。

塾はとても楽しいものでしたが、ある日たまたまわからない問題があり、大泣きしたのをきっかけに辞めました。

他にもバレエを習っていましたが、1つ上の生徒に頬をつねられ嫌になり、辞めました。

辞める時も両親は何も言わずに辞めさせてくれました。

転園先の幼稚園に馴染みだすと、ピアノに夢中になった私。赤ちゃん用のピアノで毎日何時間も弾き続けていたら、父が知り合いからオルガンを貰ってきました。

卒園のころには独学で両手で弾けるようになり、入学と共にピアノを習い始めることが出来ました。

自尊心が高かったから乗り切れたいじめ

小学校へ入ってからは、様々な曲が弾けるようになり、やがて学校でも伴奏を任されるようになりました。

習っていたピアノの先生からは、「ピアノが弾けることをひけらかしてはいけない」と常日頃から言われており、とにかく自慢げにならないように、地味~な態度で弾くようにしていたことを覚えています。

しかし、そんな態度で弾く私を疎ましく思う子もいたのでしょう。

「音楽の先生にひいきされている」

「伴奏しているから音楽の成績が良い」

「お父さんがPTAやっているから、選ばれる」(お父さん関係ないけどね)

など、仲の良い子からも良くない子からも言われるようになりました。

そして5年生の時。

「おーい。妻缶のブルマ捨ててあったぞ!」

クラスの男の子がゴミ捨ての際に見つけてくれ、持ってきてくれました。

それからは、体操着が水浸し、上履きの画びょう、図工で作った作品が壊される…など日常茶飯事でした。

さすがに毎日困ったなーと思った私は、両親に体操着の件だけ相談。

両親は「うーん。どうしたんだろうね。先生に聞いてみるね。」だけで話は終わりました。

数日後、担任から「心当たりある?」と聞かれましたが、知らないと答えました。

この子がやったのだろう、と検討はついていましたが、面倒なことになりそうだったので、話すのを辞めました。

同じような目にあっている子も何人かいました。

なので、別に悪い事をしたわけではないのだから、普通にピアノも弾こう!と開き直りました。

いつの時代も女子ってグループがあるので、本当に面倒くさい。

私はグループに属しつつ、順番で自分が無視される番が回ってくると、別の子の所へ行ったり、1人で図書館へ行ったりしていました。

子供も娘なので、同じような目に合わせたくないけれども、そういうわけにはいかないのだろうなぁ。女って大変だね!と少し心配です。

私が落ち込まなかったのは、両親がなんでも尊重してくれ、自尊心が高く育ったからだと思います。

「妻缶ちゃんなら出来る!大丈夫!」

「さすが妻缶ちゃんだね!」

当たり前のように言われ育ったので、30歳を超えた今でも自尊心高いと思います。

思春期爆発で反抗だらけだった中高大

いまだに親バカの母からは、反抗期もなかったと言われますが、この時期はめちゃくちゃ反抗していました。

特に「門限」で。

高校生で18時半、大学生で20時半でした。(20歳超えてからは緩くなりました)

そもそも門限が作られたのも、私に責任があるので、いまさら何も言い訳はしません。

経緯を説明すると夫がやきもちを焼くので、省略します。

ただ反抗期真っ只中でも、相変わらず強気の妻缶。

大学生になってからは、お酒に対して強気の姿勢を取り、救急車のお世話になりました。

※ワインダメ!絶対!!

そんな強気も大学3年生で打ち砕かれることに…

今までの自信が打ち砕かれた就活

内定が出るまで何回面接で落ちただろうか…

せっかく新卒で就職するなら絶対に営業!とこだわったのが悪かったのでしょう。

メーカーばかり受けていて、全然周りが見えていませんでした。

強気のはきはきキャラで最終面接へ。

最終面接で社長にフルボッコにされる。

それを何度か繰り返し、さすがの妻缶も自尊心が崩れかけてきていました。

それでもほどなくして内定をGET!

妻缶は大手保険会社の営業マンになりました。

営業は辛いよどこまでも・・・

今思い出してもブラックだったなーとしか言いようのない業種。

なんでもできる!なんでもなれる!と盛大な勘違いをしていた小娘には、良い経験でした。

おかげで、何か悪い事が起こっても、異常に前向きに考える癖が付きました。

ほとんど休みなく働いたせいか、営業成績はすこぶるよく、同世代よりはかなり稼いでいました。

まぁ、給料の半分はお客様へのプレゼント代に消えていたけれどもね。

一番良かった事は、仕事を通して夫と出会えたことかな・・・。

この人が私の王子様?!

夫の第一印象

・5つくらい年上そう
・萌え袖かわいい
・鷲鼻(鼻が高い人が好きでした)
・声が良い
・挙動不審(この人びくびくしてるなー)
・猫背だけど、背が高い

ここまで3秒くらいでしょうか。

この人、独身そうだし保険入ってくれそう!そう思って声を掛けました。

しかし、来る日も来る日も無視され続けました。

これで諦めたら他の人(ほかの保険会社の人)に取られてしまう!そう感じた私は、キットカットばらまき作戦で、夫の名前を聞き出すことに成功しました。

そして色々と話をしていくうちに、まさかの年下ということが判明!

その後、無事に契約をしてもらい、私のお客様となりました。

答え合わせをすると↓

・5つくらい年上そう→2つ年下
・萌え袖かわいい→すこしだぼだぼのセーターが好き
・鷲鼻(鼻が高い人が好きでした)→父親譲り
・声が良い→父親譲り
・挙動不審(この人びくびくしてるなー)→私が怖かった
・猫背だけど、背が高い→身長差14㎝だった

やばい、私圏外だったわ・・・

実は、夫は硬派?で、私を含めて、2人しかお付き合いをしたことがありませんでした。

私はどうかって?もちろん夫だけです♡←

今まで、よくしゃべるな豚野郎というくらいおしゃべりな方としか、お付き合いの経験がなかったので、夫のように聞き上手な人が新鮮でした。

もちろん今でも聞き上手ですが、どちらかというと無口の方が近いかも。

そんな硬派な夫は、私の必死のアピールもすべてスルー。

「妻缶さんだったら、素敵な彼氏出来ますよ!」と応援される始末。

夫の同僚も「妻缶さん、脈ありだよ!」と盛り上げてくれるも、それもスルー。

当時は仕事が忙しく、結婚も興味がなかったため、“1人で生きていく”と思っていたそう。

それが今では結婚して2児の父なんて、人生わからないね~

結局、何でもかんでもスルーされるので、私が夫にぶち切れました。

「全然気づいていないみたいだけど、何なの一体!?酷くない!?」

「・・・。好きです。付き合ってください!!」←なぜか切れ気味

私にぶち切れられたことで、やっと自分の気持ちに気づいたとのことでした。

気持ちに気づいてすぐ告白なんて極端だな~。まぁいいけど。

結婚後も色々ありました

お付き合いから9か月後、九州への転勤が決まり、結婚。

それまでも新幹線の距離で遠距離だったので、結婚するか、別れるかでした。

九州の温泉街で新生活が始まり、1年後には長女出産→広島へ転勤。

広島では長女の育児に関して何度か喧嘩。

2年後に東京へ戻ってきたら夫が入院。

退院後に転職。

家購入と同時にブラック企業での就業と、家庭内不和。

再転職で精神の安定を得て、次女の誕生で4人家族になりました。

夫にブログを勧めた理由

30歳の節目に何か始めたい。そう言った夫にブログを勧めたのは私です。

普段、やや無口の夫と共通の話題といえば、子供と好きな漫画の話くらい。

私の趣味の話をすると、夫は良いリアクションをしてくれるのですが、もっと共通の話題が欲しい。共同作業的な!

そう思って、記録に残るブログが良いのではないかと思いました。

初めは、交換日記でもする?と提案しましたが、夫の字がとても達筆すぎて読めないので、却下されました。

私は可愛くて夫の字が好きなのになー

また、しっかりと運営をしていけば、何年も続けることが出来ます。

子育ての話題も含めることで、将来こども達が見てくれたらなぁとひそかに思っています。

最後に

ブログ。はじめはどう書けばよいのか?悩みました。

私はPC関係には弱く、仕事をしている時も、資料作りはそこそこに、話でカバーのタイプだったので、運営もしていけるか不安な面もあります。

ただ、他のブログ運営と異なるのは「夫婦のブログ」という点。

困った時は、夫婦で助け合って運営頑張ります!

まずは、読者の役に立つ情報を発信できるよう、マイペースですが、記事を投稿するので、よろしくお願いします。

妻缶
妻缶
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

Sponsored Links