我が家のあゆみ

【おもちゃを捨てる方法】こどもが一人でも出来た!我が家の体験記

妻缶
妻缶
こんにちは。妻缶@SanmacanTです。

皆さん、子供用品(おもちゃなど)の断捨離ってどうしてますか?

長女の誕生日が10月なので、その後のクリスマス、お年玉、と合わせると、何かとこの時期はもの(おもちゃなど)が増えます。

収納からあふれるほどではないですが、

おもちゃが増える→重ねて入れるようになる→下のおもちゃは使わなくなる→あれ?こんなおもちゃあったっけ?

と、前に買ったものはどんどん忘れられていきます。

さんま缶
さんま缶
使っていないおもちゃ捨てたら?

見かねた夫からの一言で、長女がはじめての断捨離をすることに。

・子供が断捨離する時の注意点

・今後のモノ(おもちゃ)の与え方

・親が気を付けること

についてまとめました。

・子供が断捨離することで、どんな効果があるの?

・どうやって行えばよいの?

実際に、断捨離を行う前と後では、様々な変化がありました!

断捨離は大人向きという概念は、もうやめませんか?

親子で、レッツ断捨離!

Sponsored Links
スポンサーリンク

そもそも子供に断捨離って必要?

やったことがないならおすすめします!

自分でいるいらないの判断が出来る・一度出したおもちゃなどをしまえる、が出来れば無理なく行えると思います。

※親は一切しまうなどの手伝いはしません。

5歳2か月の長女は、断捨離後に良い変化(成長)が見られました。

断捨離後の変化(成長)

①お店で欲しい物の購入を、我慢できるようになった

買い物中に「これ欲しい~」と言った後で、

「あ、そういえばおうちに○○のあるんだった!忘れてた~」

と自己完結!

今までは、親から〇〇のあるよね?と確認していたので、びっくりしました。

②所有しているおもちゃで、満遍なく遊ぶようになった

今までは、上の方にしまってある、出しやすいおもちゃで遊んでいました。

しまう時にモノを重ねないというルールを作ったので、取り出しやすくなったようです。

また、しまいやすくもなったので、お片付けのスピードが速くなりました。

いざ断捨離!気を付けるべき点は?

まずは娘自身が、自分の持ち物をどれくらい把握しているか、確認しました。

紙に書き出してみよう

実際に娘が書き出したものがこちら↓

書き出し表

親が確認する点は以下の3点

・書き出すスピード(全然思い浮かばない様子なら、持ち物に対して思い入れが少ない)

・直近にプレゼントしたもの(買ったもの)が書かれているか

・持ち物を目で確認しながら書いていないか

追加項目がなければ、書き出しは終わりです。

いくつくらい書けたでしょうか?

私は見たときに、えーー!これだけ?というくらい少なかったので、少し残念でした。(あんなに買ってあげたし、買ってもらったのに~)

2か月前の誕生日に買ったばかりの物が1つ抜けていて、地味~にショックでした…。

持ち物を確認してみよう

実際におもちゃ箱、自分の文具などを収納からすべて出し、上記の紙と答え合わせします。

遊びだしそうになる娘の横に、ごみ袋を置き、断捨離スタートです。

妻缶
妻缶
壊れているものは捨てようね。

ごみと化した壊れたおもちゃ?らしきものが、収納の一番下からたくさん出てきました。

折り紙の丸まったもの、マックでもらったおもちゃ、割れた貝殻、プラスチックの破片…

あきらかにゴミ!なものについては、スムーズにゴミ袋へ入れることが出来ました。

しかし、本当の断捨離はここからです。

子供がどうやって判断する?

あきらかなゴミ!を捨て終わった後は、壊れていない・まだ遊べるものの選別。

我が家の家族構成、生活スタイルから以下の2点を伝え、残す物を選別してもらいました。

①家族みんなでつかえるもの・・・パズル・ブロック・積み木・将棋

②妹のお下がりで残したいもの・・アンパンマンの図鑑・楽器・けん玉・歯の模型

そして最後は自分だけの持ち物の選別。

すでに断捨離開始から30分以上が経過していたので、片付けを含め残り30分と時間を決めました。(だらだらしていると、集中力がなくなるので)

妻缶
妻缶
自分の物については好きかどうかで決めてね。

ポンポンとゴミ袋におもちゃを捨てていく娘。

しかし、一度捨てるコーナーへ置いた人形を見て手が止まりました。

(ほとんど遊んでいなかったけど、ここにきて遊びたくなってきた。けれどもママは遊んでいない物は捨てなさいというし、でも…どうしたら…)

娘、号泣(;O;)

長女は物事を熟考するタイプで、あと〇分!と制限時間をつけたことで、選別に対して焦ってしまったとのことでした。

このままでは終わらせられない!と思い、人形は一旦保留。

他の物の選別が終わってから、再度考えてもらうことにしました。

結果、気になっていた人形については残留が決定し、おもちゃ箱が少しすっきりとしました。

棚が一つ分空いたので、妹専用に空けておくそうです。

からっぽのたな

不用品はメルカリへ出品

こども向け雑誌の付録、100均のおもちゃ、外食でついてきたおまけ、廃材、壊れたものなど。

断捨離して出たごみは3キロ超えでした。

断捨離したもの ゴミ

捨てられるものはゴミへ、まだ使えそうなものはメルカリに出品しました。

メルカリ 販売画面

こちら、部分的にパーツがなくなってましたが、きれいな状態だったので、数時間後には売れました。(買ってくださった方、ありがとうございます!)

さんま缶
さんま缶
やったね!

ちなみにメルカリの売り上げ金は、おこずかいとして娘にあげ、ずっとやりたがっていたスケートの入場代として使いました。

こどもが断捨離をしてわかったこと

我が子はおもちゃ<外遊び

うちの子はおもちゃよりも外で遊ぶ方が好き。

家の中でも、せまいのに飛んだり跳ねたり踊ったりしています。

次女が生まれてからは、妹と遊んだりすることが増え、自分だけのおもちゃで遊んでいませんでした。

※まだ妹が赤ちゃんなので、危険なおもちゃを出していなかった。

また、平日も降園後は公園で遊び倒してから帰宅。

そのままご飯となるので、そもそもおもちゃ遊びの時間が減っていたようです。

断捨離したもの=生活環境の変化で使用しなくなったもの

大人が断捨離する時と同じだったんだ!とこの時に気づきました。

さんま缶
さんま缶
僕は初めから気づいていたけどね~

その場しのぎで買ったもの=断捨離

今回の捨てたもののうち、7割を占めたのが、

・外出時に買った(もらった)

・その場しのぎで買った(もらった)ものでした。

自分の買い物で訪れた100円均一で、「ママ~これ買ってぇ~」と言われ、「1つならいいよ~」と購入したものが、積もりに積もっていました。これこそ塵積って山となる…

他には外食時(マック、ファミレス)でついてくるおもちゃが多かったです。

それ以外だとじぃじ、ばぁばから買ってもらったものでした。

父(じぃじ)はとにかく何かしてあげたい!という気持ちが強く、よく娘と遊んでくれます。

よく公園に連れ出してくれるので、とてもありがたいのですが…

公園で遊ぶ→小腹がすく→コンビニ(100均一の時も)→飲み物以外のおもちゃも買う

が鉄板となっており、出かける前に何も買わないで!と釘をさしても、結局お土産付きで帰宅します。

これについては、もう少し家族協議が必要だなぁと感じています。

(可愛がってくれているのは感謝なのだけどね)

本当に欲しいものは言い続ける

ここまで振り返ってもう一つ気づいたことは、

本当に欲しいものは言い続ける、でした。

娘は何か欲しいものがあると、誕生日・クリスマス関係なしに、ず~っと言い続けていました。

おもちゃの類については、誕生日かクリスマス(サンタさん)しかあげていません。

今まで言われ続けた

プリキュアのパジャマ、プリキュアのステッキ、キックボード、自転車、スケートをする

については、誕生日や、お下がりを頂いたりしてプレゼントしました。

(スケートについても、今回の断捨離のおかげで、体験させることができました)

上記のものは、今回の断捨離でもすぐに生き残れたアイテムたちです。

思いもよらないタイミングで得たもの。

それはどんなに高価なものであったとしても、娘の中では”その他のもの”であり、あっという間に遊ばないものになっていたのです。

今後のプレゼントはどうする?

本当に欲しいものは言い続ける=欲しいものがなければ無理してあげない

今回の断捨離後に夫と話し合って、決めました。

誕生日やクリスマスが近づいても、欲しいものがなければ親も無理してあげない。

実は、昨年の誕生日は欲しいものが決まっておらず、私がおもちゃ売り場へ連れて行って、半強制的に選ばせました。

その時に買ったおもちゃ(鬼太郎のフィギュアたち)は半分が断捨離されていました。

※本人に断捨離は任せたので、買ったばかりでしたが、捨てるのは止めませんでした。

今後は、欲しいものが決まっていない場合、お誕生日(orクリスマス)のプレゼント券をあげることにしました。

有効期限は次の誕生日までで、いつでも使えるようにする予定です。

(母の日の肩たたき券のようなイメージ)

こども断捨離を経て

今回はふとした思い付きで始めた断捨離でしたが、娘にとっては”自分で全部できた”という達成感が得られたのではないかな?と思います。

また、娘が断捨離をする姿を見ることで、私が”断捨離という行為”そのものを客観的に見ることが出来ました。

今後はモノを購入する際に、捨てる時のことも視野に入れて、購入するように心掛けなければ、と身が引き締まる思いです。

また、お子様セットなどのおもちゃについては、注文するメニューを確認(おもちゃがついているかどうか)していきたいと思います。

モノの購入について伝えていきたいこと

・欲しい物を買える(買ってもらえる)ありがたみを感じる

・自分の物になったら、大切にあつかう

・捨てる以外の選択肢(今回のメルカリなど)があることを知る

※捨てないで売れるという仕組みを教え、経済について勉強の足掛かりになれば良いなぁと思っています。

妻缶
妻缶
ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

Sponsored Links