お気に入りアイテム

【子供が医者になりたいと言ったら?】読書好きになる方法とおすすめ図鑑を紹介!

からだのふしぎ図鑑
妻缶
妻缶
こんにちは。妻缶@SanmacanTです。

幼稚園へ通い始めてから、すっかりお姉さんになった娘。

園で「大きくなったら何になりたいか?」と聞かれるようになり、

将来に対する憧れが芽生え始めたようです。

自宅で何になりたいか聞くと、

「病院で注射する人!(医者)」

との回答が・・・

 

さんま缶
さんま缶
い、医者かぁ・・・

 

妻缶
妻缶
学費いくらあっても足りなそう・・・( ゚Д゚)

 

あくまでも応援する姿勢の私たち夫婦は、親ばかです。

 

この記事はお子さん(お孫さん)が

・医者(医療関係)に興味がある

・将来、医者にさせたいけど何から始めれば?

・医療関係に興味がわく仕掛けを知りたい

・読書好きになって欲しい

という方向けにまとめました。

参考になれば嬉しいです。

Sponsored Links
スポンサーリンク

本に興味がなくても楽しい図鑑

いきなり文字数の多い図鑑は読まなくなるかも…。

何を選べばよいかわからない!

そんな時は、こちらがおすすめです。

本屋さんでは見たことがなく、Amazonでクリスマスプレゼントに購入しました。

からだのふしぎ図鑑

ページ数は少ないモノの、中には飽きさせない工夫が詰まっています。

図鑑 1ページ目

一見、普通の図鑑のようですが、

1ページ目 図鑑

めくって読んでいく図鑑になっています。

初めは、こんなところまでめくれるの?と、子供とわくわくしながら切り離していきました。

体の事について書かれていますが、イラストが可愛くて臓器なども気持ち悪くないです。

2ページ目 図鑑

ものすごく細かいところまでページがめくれるので、子供も集中してめくる→読むをします。

また、字が読めなくてもイラストが豊富で分かりやすいので、楽しめますよ(*^-^*)

 

最初はめくるのが楽しい!でOKです。

繰り返し読むようになると、細かい項目までかなり覚えてきます。

 

※難点は、

「すべてのページをはがすのが面倒」

「勢いよく開くと破れる恐れあり」

 

もっと知りたい!にはこの図鑑がおすすめ

以前、芦田愛菜さんが紹介していて気になっていた小学館の図鑑NEOの人間。

いざ購入してみたら、詳細な写真に詳しい説明で大人でも大満足でした。

※4歳のクリスマスプレゼントであげました

図鑑 人間

こちらは大人でも楽しめるほど、専門的に書かれています。

図鑑 人間 消化器官

今のところ気持ち悪がらず?に見てくれています。

図鑑 神経細胞

フリガナがふってあるとはいえ、かなり細かく記載があるので、中学生くらいまで使えそう。

 

さんま缶
さんま缶
普段はどうやって見せているの?

 

妻缶
妻缶
日常で何か質問をされた時が多いかな?上のページは、ケガしてかさぶたが出来た時に一緒に見たよ。

 

購入したからと言って、無理に毎日見せる必要はありません。

それよりも、子供が気になることを一緒に調べた時のほうが、知識として定着していると感じています。

 

特に「かさぶた」に関しては、

体の中で皮膚を作ろうとして、ふたが付いている。だから無理やり取ってはいけない。

と、理解してくれました。

 

我が子が本好きな理由

長女が本好きになったのは、生後3か月から始めた読み聞かせのおかげです。

さんま缶
さんま缶
何も反応がない頃からよく読んでたよね~

 

妻缶
妻缶
最初は何も反応がなくて寂しかったよ

 

3か月くらいだと、まだ目もはっきり見えていない状態。

色の明るい・暗いはわかると聞いたので、濃い色使いをしている本を2冊選び、毎日読み聞かせました。

 

もちろん、最初は何も反応がないので、完全に私の独り言状態。

だんだんと本を出すと手足をバタバタさせて喜んだり、

読み終わると「もう終わり?」という表情で見てきたりしました。

これが可愛くて、毎日続けていた気がする・・・

 

ページをめくりたそうにしたら買い足して

徐々に本に触ったり、ページをめくろうとしたりする行動が見られてきたので

新しい本をどんどん買い足しました。

本当に、馬鹿みたいに毎日毎日読み聞かせたおかげで、

2歳になるころにはかなり長い本(30ページくらい)でも聞いていられるようになりました。

よく読んだのがコチラ↓

まめたろう 金のガチョウ

頂きものでおそらく10年以上経っていますが、まだまだ現役で使わせてもらっています。

 

1冊読み終わると

「まま、もっか!(もう一回読んで)」

と言うのが可愛くて、気づくと1時間以上読み聞かせしたことも何度もありました。

 

娘がプリンセスへの憧れが芽生えたのは、「金のガチョウ」。

シンデレラストーリーなのですが、まずしい男の子が王子様になるお話です。

金のガチョウ

もう一冊は「まめたろう」。

独特な絵で怖がるかな~と思いましたが(当時2歳)、まめたろうの声を可愛くしてみたら、飽きずに聞いていてくれました。

まめたろう

読了後に興奮したのか、破ってしまいましたが、そのままでまだ読んでいます。

 

その時期は、児童館へ行っても必ず本を読んでからでないとおもちゃで遊ばず、

娘の本好き(頑固さともいう)によく感心されました。

 

ひらがな、数字も大好きな本で習得

しだいに文字へ興味が湧いてきた娘。

文字と数字もやはりいつも読んでいた本から覚えました。

 

幼稚園へ入った現在では、

「まま、この言葉どういう意味?」

と聞かれるようになったので、小学生向けの辞書も揃えました。

 

妻缶
妻缶
辞書は使い方を教えているところです

 

まずは一緒に楽しむ!そして親も背中で語ろう!

一緒に楽しんじゃおう!

結論から言うと、「読む習慣のない子供に本を与えても無駄になる」ということ。

まずは習慣をつけることが大切ですが、一番は子供と一緒に楽しむ!

 

周りに本がある環境を作る

本の読み方(楽しみ方)を教える

慣れるまで一緒に読む

これを毎日繰り返していくと、一人でも本を眺めたり、読んだりするようになります。

※あまり本が好きでない子には、無理をせず気長に考えて下さい。

 

親が背中で語る!

もう一つは、親が本を読む姿を見せるということ。

幸いにも?我が家はワンルームなので、何かしていても全員の様子が見られます。

テレビについては、制限付きで見る決まりにしているので、基本的に親は見ません。

(子供不在時に録画したのを見ています)

夫は常に何らかしらの資格勉強をしているので、ダイニングテーブルでやり始めると、娘も隣に座ってお絵かき、読書、勉強などをするようになりました。

すぐ近くに親がいるので、娘も何かあれば聞いてきたりと、コミュニケーションになっています。

さんま缶
さんま缶
スマホいじるとすぐに指摘してくるものね(/_;)

 

妻缶
妻缶
そうなのだよね。欲しいって言うし、何でも真似したい年ごろだよね

 

ついチラッと眺めてしまうスマホも、気を付けなくてはな~と日々感じています。

 

親子で快適な読書ライフを

蛙の子は蛙。

読書好きな親でないとダメなのでは?

しかしそんな心配はいりません。

私も夫も本が大好き!というほどではありませんが、娘は小さい頃の習慣から、読書のハードルが下がり、おもちゃで遊ぶように本を読んでいます。

親ももちろん、本好きになるのはいつからでも問題ないですよ。

まずは、毎日の習慣として親子で読書を取り入れてみませんか?

本好きが子供の成長でマイナスに働くことはありませんよ。

 

赤ちゃん時代のレギュラー本はコチラ

 

Sponsored Links