我が家のあゆみ

【育児のイライラ解決法】転勤族で孤独だった私が実践したことを公開

ママ 子供
妻缶
妻缶
こんにちは。元転勤族の妻缶@SanmacanTです。

2012年、当時遠距離恋愛中の夫から「超遠距離」になると告げられ、結婚をしました。

それから赴任先で長女を出産。

長女3か月で再び転勤。

初めての育児は、社宅住まい・田舎町・実家まで遠距離の3重苦。

当時の夫は休日出勤は当たり前、たまの休日は資格試験・飲み会であまり頼れず…

あの時の私、よくやっていたなぁ…と( ;∀;)

一番近いコンビニまで3キロ以上!

どうしても用がある時は、自転車で行きました。(免許もっていない)

 

この記事は、

・孤独な育児を頑張る方

・育児イライラが止まらない

・転勤族で周りに頼れる人がいない

こんな方向けにまとめました。

 

こんな方法もあるのか~と気楽に見て頂ければ幸いです。

 

Sponsored Links
スポンサーリンク

イライラの原因は何か?突き止めよう。

さんま缶
さんま缶
原因は人それぞれじゃない?

 

妻缶
妻缶
そう思う?でも大体の原因は①他の家族が非協力的②初めての育児で余裕がないこのあたりじゃないかなぁ…。少なくとも私はこれだった。

 

一括りにしてしまえば、「環境」ですね。

ただ環境に関しては千差万別。

私も転勤族を覚悟して結婚したので、今更とやかく言うつもりはありませんが。

 

他の家族(夫など)が非協力的

私は、少しでも夫に家にいて欲しいと希望していましたが、

・出席必須の飲み会(上司が来るのは絶対参加)

・取得必須の資格試験(取得しないと、仕事ができない)

と、いずれも辞められない状況。

そして今後の会社人生に関わるとなれば、妻として応援するしかないですよね。

 

飲み会のレベルが高く(褒めていない)、夫が社宅のゴミ捨て場で寝ていて、通報されそうになったこともありました。

翌日はな〜んにも覚えていないし、二日酔いが酷いし、夫の上司を初めて恨みました。

 

妻缶
妻缶
今は1次会で帰ってくるようになりました

 

初めての育児、社宅で孤独を感じ始める

私の場合、出産後間も無く子供の手術があり、かなりナーバスな状態が続いていました。

 

 

初めての子育て。

これで良いのかな?

大丈夫かな?

の繰り返しで、毎日神経をすり減らしながら、なんとか過ごしていた記憶しかありません

 

そんな中、転勤で環境がゼロスタート。

生活する上で車が必須の場所だったので、免許のない私は、いきなり島流しにあった気分でした。

社宅とはいえ、

外を出歩く人もいない(車移動)、

すでにコミュニティが出来上がっている

この状態だったため、どのように振舞うべきかわかりませんでした。

 

子供もまだ生まれたばかりで、季節が冬となれば、あまり外出はできず。

庭で日光浴をする以外は、家に籠もりがちになりました。

 

夫が出張で家を開ける時は、

私が倒れたら誰にも発見されないどころか、子供はどうなるの?

 

今思えば「たかが出張」なのに、最悪の状態のことばかり考えてしまっていました。

 

妻缶
妻缶
睡眠不足が続いていたので、よく思い詰めた考えをしていました。

 

「環境」をすぐに変えられないのであれば、自分が変わるしかない!

現状に悲観していると、考え方が暗い方向へいってしまい、怖くなりました。

出産後も趣味してる?

これをしていると気がまぎれる~ということってありませんか?

私は、ピアノ・編み物・好きな漫画を読む・ダンス・・・など。

子供が生まれたばかりのころは、寝ている姿も愛おしくて、起きるまでずっと眺めていたこともありました。

妻缶
妻缶
えっ!もう起きた?!じゃなくて、1時間半も寝顔見てた…( ゚Д゚)

3か月ごろまでは、息が止まっていないか何度も確認・寝顔の撮影で、唯一の休憩時間をボーっと過ごしていました。

ピアノ

たまにはピアノしようかな~とお昼寝の隙に弾いた時、久しぶりで思い通りに動かなくなっていた指に必死で練習。

娘の泣き声に気づいてピアノをやめると、2時間が経っていました。

妻缶
妻缶
何かに集中したのって久しぶりだ…

趣味の時間がもたらす効果

たった2時間ですが、好きなことに集中していただけで、この充実感!

すーっと気持ちが軽くなったようでした。

 

それからは、編み物も再開し、小物から娘のワンピースまで作れるように。

自分の趣味の時間ができたことで、心のゆとりが生まれ始めました。

 

私が思い違いしていたのが、

子供が生まれたら自分の好きなことが出来なくなる

ということ。

 

加えて専業主婦となので、

家事・子育ては一生懸命やるのが当たり前

ということ。

 

今の私なら、全然そんなことないよ!と言えますが、

当時は自分の好きなことをする=罪悪感と感じていました。

妻缶
妻缶
やはり病んでいたのかも・・・

 

幸いにも夫は、私が好きなことをしても見守ってくれていました。

(夫もストレスを買い物で解消していたからかな・・・)

むしろ弾けるようになった曲・できた作品をいつも褒めてくれたので、私も心置きなく取り組めたのでしょう。

好きなことが精神の安定になるのであれば、僕は応援するだけだよ。

とのことでした。(のろけです)

 

自分の趣味について周りの人に話しておく

編み物

知られたくない趣味(そんなものあるかな?)以外は、周りの人に話しておきましょう。

私の場合、社宅だったのもありますが、とにかく年齢層が高く、同年代はいませんでした。

ただ、ピアノと編み物を話題で出したら、布作家として委託販売している方や、ピアノ教室をしている方を紹介してもらうことに。

ハンドメイドマーケットに連れて行ってもらったり、ピアノの発表会に出させてもらったりして、さらに趣味の幅も広がりました。

 

社宅生活が慣れたころには、それぞれの得意分野を教え合う手芸教室を開講。

あんなに嫌だった社宅生活も充実して、転勤の際は「もっと居たかった!」と思ったほどです。

自分の機嫌を取れるのは自分だけ

すっきり
さんま缶
さんま缶
ぼくでは妻ちゃんを癒せないってこと?

 

妻缶
妻缶
毎日ずーっと一緒にいてくれるなら大丈夫だけど、仕事あるでしょう?

 

数年前よりもグッと父親らしくなった夫。

休日にいてくれるだけで、私の精神安定剤になってくれています。

とはいえ、平日に頼れるのは自分だけ!

現在は無理禁物!思い詰めるのダメ!

70%の力で過ごすように心掛けています。

 

以前は、育児の○○をやるために~でしたが、

自分が○○をする時間が欲しいから~(育児の)○○をやってしまおう!

と前向きに考えるようになりました。

 

娘と会話が出来るようになってからは、

「ママ○○がしたいから、〇時からするね。娘ちゃんは何かしたいことある?」

「じゃあ、この本読んでくれたら○○やっても良いよ!」

こんな感じで順番に時間を作り合っています。

 

次女が生まれてからは、さらに時間が取りづらくなりました。

でも長女で鍛えられた分、物事の処理能力はレベルUPしています。

 

専業主婦もママもワークライフバランスを大切に!

この記事を読んでいただいて、少しでも気が楽になって頂けると嬉しいです。

 

 

 

Sponsored Links